自分(家族)が
主治医の時代


自分(家族)が主治医の時代の実現を目指して


自分(家族)が、「自分(家族)の健康状態」を、自分(家族)のために、科学的・予防的にチェックし、管理する時代へ!



<健康維持は国民の義務>

何よりも健康で長生きすることが、一人ひとりの幸せのベースである事は誰も否定し難いことだと思います。そして、それが社会の健康であり、幸せに繋がっていきます。同時に、「自分で、自分の健康を、自分のために管理する」事が、社会ニーズとして今まで以上に強く求められているのが今日の時代です。様々な時代環境の変化のもたらす要因によって、皆さんが健康で長生きする事、つまり、『ピンピンしてキラキラ(PPK)輝いて』人生を送る事が求められているのです。

「今日、皆さん、国民は、国のために、一体、何で出来るでしょうか?」
もちろん、選挙に行く、税金を払う、何かあったら国を守る意志を持つ、そうした事も国民の大きな義務ですし、それらは絶対にやらねばなりません。

しかし、それらに加えて、今の日本においては、「自らの健康を、自分で、予防的に守り、人生の最後まで元気でいることが何よりも大切であり、これを実現することが国民の国に対する奉仕であり、大きな義務」とも言えるのです。

株式会社BITASは、「自分(家族)が主治医」(My Family Doctor)の実現を目指し、皆様の健康管理を支援するソリューションを開発し、提供して参ります。

                   株式会社 人間と科学の研究所 所長 飛岡 健